家財の火災保険はどこまでが対象?

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

総合保険代理店のグラントです。


梅雨が明けたにも関わらず、連日の雨ですね…

九州では、すでに平年の年間雨量の半分以上が降ったとか。

他の地域でもかなりの降水量です。

どうぞ皆さんお気をつけください。


https://www.hoken-grant.com/single-post/被災時に保険ができること-1


少し落ち着かれたら、この記事も思い出してみてくださいね!



さて、今回は頭の体操のような火災保険のお話です。

ご自身のお住まいをイメージしながらぜひ読んでみてください。



「家財の火災保険」といえば、ご自宅の中にある家財が対象になるのは

簡単にイメージしていただけるかと思います。

では、どこまでが補償の対象になるでしょうか?


例えば、マンションにお住まいの場合。

ベランダは共有部分ですが、ベランダに置いてある物干しざおやいすは?

玄関の外についついおいてしまう、子どもの三輪車や自転車は?

共有部分においてある自転車は?

最近増えてきている、敷地内のトランクルームに入れている家財は?


いずれも、要は「共有部分においてある家財は、家財の火災保険の対象となるか?」

という問題ということです。


さて、どうでしょう?

家財の火災保険に加入するとき、どの住所にある家財を対象にするかを明記します。

また、共有部分には、管理会社や管理組合が火災保険をかけていることがほとんどです。

この点を重視すると、もしかすると専有部分以外の家財は対象外?


いやいや、同じ敷地内にあるんだから対象になるでしょう!

と考えると、専有部分以外にある家財も対象になる?



いずれの考え方もあると思いますが、

今のところ主要損保会社の考え方は後者、

つまり、対象になることが多いんです!

※ちなみに、管理会社等が共有部分にかけている保険は建物に関する

ものなので、各戸居住者の家財には何も影響がありません。


というわけで、(今回はマンション居住を念頭に置いた話になりましたが)

賃貸の場合でも、分譲マンションにお住まいの場合でも、

家財に火災保険を付加していれば、同じ敷地内の家財については保険の対象となる!


ということはぜひ覚えておいてくださいね^^







*****************************************************

弊社では、

複数の生命保険会社(21社)・損害保険会社(4社)・少額短期保険(2社)

の商品を取り扱っております。

​お客様のニーズにお応えして、豊富な商品の中から最適な保険を

ご提案いたします。

何回ご相談いただいても料金は発生しません。

納得・安心できるまでご相談ください!

※ご相談いただきましても、必ず保険に加入する必要はありません。

※最終的に保険に加入されなくてもご相談費用は発生しません。

*****************************************************


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事